Put it on the Floor

<< Best Albums 2010 | main | I.V.A.N. / Never Marry A Musician (2011) >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
【 GirlPop ASIA (6) 】

Mighty Mouthの新曲"Tok Tok"がまじ好きすぎる。今年初のヒットだ。煌びやかながら、どこか哀愁が漂うトラックに乗るこのフックのメロディが完璧。耳から全然離れない。
Mighty Mouth feat. Soya / "Tok Tok"

フックを歌うのは、Soya n' Sonというデュオの片割れ、Soya嬢(キム・ジョングクの姪)。このパワフルな歌声が大好きなんだが、話題沸騰中のこのMVに主演してる子は、何と元Rainbowのイ・ジュビン。まぁ、なんか普通の子だけど、このMVでの立ち振る舞いとかは、どこかグッとくるものがあって、話題になるのもわかる気がする。

Mighty Mouthといえば、2年前のヒット曲"Love Class"。この曲のおかげでニコル(KARA)が気になり出し、ヒョナ (4Minute)が好きになった。本当、ガールズグループ以上にガールポップ人気に貢献しているデュオかもしれない。

Sistar / "How Dare You"


年末年始にかけてヘビロテったSistarの新曲。今いちばんエロいグループじゃないだろか。曲はとんでもなくダサいのに、パフォーマンスで魅せきってしまうだけの実力がある。昨年は"Shady Girl"が名曲すぎたので、今年も動向を見守りたいグループ。


Sheean / "Every Day"


これは思わぬ拾い物。もうバリバリなユーロ/フルースタイルで、年末年始にかけて見事ツボにハマらせて頂いた。このシーアンというシンガー、日本ではFreeTEMPOとの共演も果たし、既にクラブ界では注目されてたとか。でも、正直、K-POPに多いタイプの声質で、個人的には(シンガーとして)ひっかかるものはないかも。やはり曲が良いよな。

SNSD / "Visual Dreams"

泣く子も黙る少女時代。インテルとのタイアップソングだが、これはペルフメ(Perfume)インスパイアではないのかね。9人でペルフメやるんであれば、もっと凝ったダンスにして欲しかった気もするが、まぁいいや。


Secret / "Shy Boy"


やっと1位獲得したシクリ新曲。かつてモー娘。もやっていたビッグバンド風ポップ。



新年一発目更新からK-POPでトバしているのは、先日の帰国時に念願の韓国(ソウル)へ旅行してきたからである。Baby V.O.X.や初期BoAに狂乱していた頃から数えて、実に9年の念願叶っての来韓だ。感無量。

まぁ、ロンドン時代のフラットメイトを2日間訪ねただけなので、誰かのコンサート行ったとか、CD屋行ったとか、ましてや、アイドルの所属事務所やゆかりの地を訪ねたりなんてマニアなことは全くしなかったのだが。しかもクソ寒すぎて体調崩したし。友達の案内で観光して、昔話や近況トークに花を咲かせただけ。

でも、これが初アジアだったということもあり、非常に新鮮だったな。街の概観も人の風貌も似てるのに外国、っていう感じが、ヨーロッパとは違うので不思議だった(当たり前だけど)。まぁ、ソウルの寒空の下、K音楽の空気感みたいなものは感じられたかな。また、思い出したら今回の旅の話も書いていくかも。

Park Ji Yoon / "Go Away" (1999)

ホテルの部屋のMTVで流れていた。初期JYPプロデュース作品。TVではSistarやIUのビデオもよく見かけたのだが、何故かこの曲が一番印象に残っている。
| GirlPop ASIA | comments(0) | posted by tippee |
【 スポンサーサイト 】
| - | - | posted by スポンサードリンク |
comment




selected entries
categories
archives
recent comments
recommend
recommend
recommend
recommend
Sí
 (JUGEMレビュー »)
Julieta Venegas
bookmarks
profile