Put it on the Floor

<< Big Boi / Sir Lucious Left Foot : The Son of Chico Dusty (2010) | main | New Entries: July 1994 >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
【 南波志帆 / ごめんね、私。(2010) 】
 
先週買ったBilal新作について一言モノ申してやろうと思ったけどやめた。
南波志帆の待望のメジャーデビュー盤をようやくiTunesで購入したので、こればかり聞いている。 昨年のJ-POPベストに「君に届くかな、私。」をさり気なく入れておいたくらいの隠れファンであります。作ってる人らが最強なので、期待をはずれることなどは有り得ず、今回も純正日本ポップスを楽しませてもらった。今年は、南波志帆と土岐麻子しかJ-POP聴いてない。コズエちゃん何してるんだろう・・。

とにかく。Cymabals矢野氏をはじめ、土岐麻子やコトリンゴも続投してたので、買わない理由はなかった。ノーナ・リーヴスからは今回奥田氏のみ参加で郷太さんの参加曲はなし。つうか、本当に捨て曲なし。最初から最後までいい。最大の特徴たる声優のような異次元ヴォイス自体には、実はそれほど惹かれないのだが、名だたる制作陣の「この子に歌ってもらうために書きました!」って姿勢がモロに伝わってくるので、やっぱりこれは彼女のアルバムだからこそなんだろうなと思う。

とはいえ、別に南波志帆が歌う必然性を感じられない曲が無きにしもあらず。まぁ、コンパクトにまとまってて良い。あまりにCymbalsな1曲目タイトル曲でトバしすぎた感もあるな。こんな曲が2010年に聴けるなんて・・・マジ泣ける。

南波志帆 / "ごめんね、私。"


異国の地に来てまで、こんなGirlPopを聴いている。。。
実は(もしかすると気づいてる人がいるかもしれないが)、数年来お世話になっているGirlPopの師匠的なblogがあって、私のJ-POP嗜好はそこの影響を受けまくっている。実は、南波志帆も、AYUSE KOZUEも、そしてKARAも随分前にそこで発見して以来、愛聴しているのである。今は更新頻度相当減ってしまってるが。



マスコミに操作された(warai)未曾有のK-GirlPopバブルで、ここへ辿り着く来客数も、正直怖くなるほど増加している。まじで。

「韓国発」という部分に目を瞑っても、あのレベルのポップスが日本で売れてくれるのは嬉しい。もちろん、国産モノで、あのくらいのポップスがフツウに主流で売れてくれれば御の字なのだが。シロウトっぽさを全面に出した親しみやすさや粗野な魅力も分からないではないが、個人的には、厳しい訓練時代を経ていたり、確かな腕を持ったアーティストが送り出す作品にお金を払いたい。大昔(7年くらい前)に、某パーリス先生が「モーニング娘。にハマらなかった理由」について話してたときにも同じようなこと書いてたが、結局、自分も「パンク」的な魅力にはあまり惹かれないわけだな。

さすがに、飽和状態にあることは否めないK-POPだが、それでもやはりまだまだ面白いのがバシバシ出てきてるので、ウォッチは続けていく。


実は、台湾ポップスも引き続き、イロイロ聴いたりしてるのだが、正直、K-POPのように「欧米メインストリームの延長線上」で聴けるものは少ない。なんか、やけに90s中盤の日本ぽいのが多くて「懐かしい感じが良い」「ダサくて逆に良い」っていう。

どれも微妙に古い(2-3年前)のだが、何曲か。

蘇打緑 / "他夏了夏天"


Sodagreen。台湾インディポップロック界の雄らしい。台湾の街並みMVが良い。


元若藍 / "九十九次我愛他"

日本に一時帰国した時に深夜やってた台湾ドラマの主題歌。一回見ただけだが、なんかメロディが頭に残っていた。めちゃくちゃダサい(→それがいい)。

陳綺貞 / "旅行的意義"


前にも貼ったが、やっぱり良い曲なのでネット購入した。しかし、どうしてこうも90sド真ん中な雰囲気の曲・MVが多いのか。探す場所が悪いのだろうか。

とはいえ、私は90sラヴァーなので、やっぱりこういうの大好きなのだが(さすがに長時間は聴けないけど)。ロンドンでは台湾の人とよく知り合うが、気のせいか、90年代・渋谷系あたりを引きずったファッションとか、センスを持った人が多い気がする。けっこう気は合う。っていうか、親日派が多すぎて逆に怖えぇ。

ちなみに、上に貼ったような台湾ポップスは、台湾人の友人に教えてもらったり、facebookページに貼られたりしてたもので、向こうの今時の普通の若者はリアルにこういうの聴いてるようである。台湾とか行こうものなら、15年くらい前にタイムスリップした気分になれるのでは、とか思ってしまう。
| GirlPop ASIA | comments(4) | posted by tippee |
【 スポンサーサイト 】
| - | - | posted by スポンサードリンク |
comment
>台湾ポップス
まあK-POPに比べて野暮ったさがあることは否定できないすけど、台湾ポップスの醸し出すほっこり感は愛していきたいなあと思います。整形補正のある韓国勢と比べても、ルックスではダブルスコアで勝ってますし。

あとちょい前にWAAの2ndでましたけどなかなかよかったです。
| デスコ三千 | 2010/09/16 2:32 AM |
☆デスコ三千さん

台湾ポップスの良さ(ルックス含め)もわかるんですけど、やっぱり好んで聞き続けるのは私にはまだキツそうです。音の方では断然韓国勢のが魅力的ですし・・・。最近は日本の流行ポップスにも着いていけなくなってるので、昔のJ-POPみたいな懐かしいの聴きたくなった時にチェックするようにします。

waaの新しいの出たくらいのときに1st聴いてたので、出たのは知ってるんすけど、やはり英国では入手難しいですね(泣)。iTunesにも売ってないし。いつか聴きたいです。
| tippee | 2010/09/17 5:53 AM |
>WAA
ここのサイトはイギリスにも配送してくれるみたいですけどどうでしょう。

http://www.yesasia.com/global/%E5%84%AA%E9%9B%85%E7%9A%84%E5%88%BA%E8%9D%9F/1022783122-0-0-0-ja/info.html
| デスコ三千 | 2010/09/17 11:25 PM |
☆デスコ三千さん

長らく放置状態ですみません!出張に出ておりました。

リンクありがとうございます。うーん、どうしよーかな〜。まだちょっと悩み中ですが、とりあえず、まず中華街のCD屋あたってみます(笑)。iTunesで売ってくれると一番ありがたいのですが。。。内容をまず確認したいなぁ
| tippee | 2010/09/30 7:21 AM |




selected entries
categories
archives
recent comments
recommend
recommend
recommend
recommend
Sí
 (JUGEMレビュー »)
Julieta Venegas
bookmarks
profile