Put it on the Floor

<< GirlPop ASIA (4) | main | GirlPop ASIA (5) >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
【 Avenged Sevenfold / Nightmare (2010) 】
 
A7Xの新作を聴いた。"Bat Counrty"のヒットを生んだCity of Evil以降、メタルコアの筆頭として躍進を続けるも(英国ではまだBullet For My Valentineの方がやや人気かも)、昨年にはドラマーThe Revの急死という悲劇を乗り越えてリリース至った今作。なんとDream TheaterのMike Portnoyがドラムを叩いている。
ほぼ全曲がThe Revに捧げられたパーソナルな内容。そのためか、前作・前々作と比べても、ややドンヨリした葬送曲的なものが多く、超絶プレイ満載の華やかな作り・・とか言えないものの、やっぱり、持ち前の構成力・美旋律が炸裂しており、じっくり聴かせてくれるアルバム。出世作のCity of Evil(やっぱり、個人的にもフェイヴァリット)とはまた違った良さがあって、最近よく聴いている。

タイトル曲"Nightmare"は、もう少しソロを練ってほしかったかなとも思うが、唯一とも言える従来路線でフツウに良い。コンセプトは把握しながらも、やっぱり気に入ってしまうのは"Welcome To My Family"、"Natural Born Killer"、"God Hates Us"のような、テクが前面に出た疾走感溢れる楽曲群である。スラッシュメタリックなテイストの。でも、今作収録のバラード曲は、心なしか余計ココロに響くよね。ガチンコファイトクラブで五期生が反省してる場面+ナレーションのBGMみたいな。って、CreedとかThe Verveのことを言ってるんじゃないけども。"So Far Away"は名曲だわ。メタルコアで聴くポートノイのドラムもまたオツなものである。

ちなみにプロデュースは天才・Mike Elizondoが担当。去年のRegina Spektorのアルバムにも参加してたよな。Dr.Dre周辺の人間というのが今思うとちょっと信じられないが(Aftermath所属で、"In Da Club"をドレと共作)。


***********************


Trey Songz Feat. Nicki Minaj / "Bottoms Up"


普段はTrey Songzなんて聴かないのだが、 Nicki Minajが魅力的すぎるのでこの曲は非常に気に入っている。もう迫真って感じがする。誰の客演に呼ばれても全部持ってっちゃうから凄いわ。なんだかんだでJay Sean / "2012"も聴いてるし、ヒットしてないけど、Cassie / "Fuck U Silly"が今年では一番お気に入りかな。11月までフルアルバムの発売待てないので、Mixtapeを聴き返す。


The Freshmen Feat. Nio Tha Gift / "Hello There"

英国の夏は早くも終わりを告げたが、こないだまで続いていた暑い時期によく聴いたサマチュン from ベイ。これは本当にかっこ良い。

John Legend & The Roots Feat. Common & Melanie Fiona
/ "Wake Up Everybody"(Harold Melvin & The Blue Notes Cover)


John LegendとThe Rootsのカヴァーアルバムはちょっと楽しみにしてる。
| Today's Disc (Pops / Rock) | comments(0) | posted by tippee |
【 スポンサーサイト 】
| - | - | posted by スポンサードリンク |
comment




selected entries
categories
archives
recent comments
recommend
recommend
recommend
recommend
Sí
 (JUGEMレビュー »)
Julieta Venegas
bookmarks
profile