Put it on the Floor

<< GirlPop ASIA (2) | main | New Entries: July 1997 (2) >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
【 AYUSE KOZUE @ HMV Shibuya 】
コズエ姫を初めて目の当たりにする。その第一印象は「可愛い」とか「細い」とかより、笑顔がめちゃくちゃマブしい!太陽のよう。イベント参加特典のサイン入りポスターが本人からの手渡しというサプライズがあったのだが、本人目の前にして軽く失神しかけた
<交わした会話>
ちっぺえ「エゲレスから来ました (わざわざ来たかのように)」
コズエ姫「え〜!ホントですかぁ」
ちっぺえ「世界狙ってください
コズエ姫「はぁい!ありがとーざいますっ(握手)」 

あ・・握手とはッ!なんとッ!さりげなくしてもらおうとは思ってはいたが、向こうから来るとはッ!そんな特典もッ!こんな緊張したのはSugababesと対面した時以来かもしれん。失神は言い過ぎだが、軽くクラッときた。この右手、もう洗えないじゃん!みたいな。甘酸っぱい感じ。

肝心のライブももちろん良かったよ。"close to you"から始まってアルバムから4曲ほどやったのかな。最前列(整理番号20番)、かぶりつきで見てたのだが、花柄のブラウスに紫タイツ、まるで人形のようにか細い身体で軽やかに歌うコズエ姫にtotally mesmerized!"How Beautiful"はライブ受けいいね。実にキャッチー。曲終わりに、

「普通にライブやってくれって言われてたんですけど、急遽、Q&Aコーナーやります〜!あ、でも、もし私への質問、なにも出なかったら、次にすすめますから・・だいじょぶですよ・・」

時間が余ってたのか知らんけど、かなりたくさんの質問に答えていたコズエ姫。RIP SLYMEのDJ FUMIYAがアレンジ参加したラップ曲"ヤミツキ"は、Missy Elliottの"Work It"みたいなのがやりたかったとか、"あのねのね"の歌詞は男女間ってよりも、子供とお母さんのやり取りをイメージしたものだとか・・。「"ONE"でピアノで参加してる教授(坂本龍一)は美人さんが大好きだそうですが、襲われなかったですか」というナイスな質問には「いい質問ですね♪・・な〜んて(笑)」メールのやり取りのみで会ったことはないそう。

あと、好きな男性のタイプは「ちゃんとした人。安心感のある人」。

シングル曲は"ONE"と"Don't let you down"をやってくれたんだが、前者のバラードもやっぱライブだと聴けちゃうね。フツウにいい曲だなあとしみじみしてしまったので、今後は聴き方変わるかも。私がファンとなる切っ掛けだった"Apple Pie"など他シングルの未収については、「シングルもこつこつ買ってくれてる方もいるので、敢えて入れなかった」そう。"こよい〜"は入ってるのにな。ま、アルバムとなると、収録曲の選曲に慎重になるのもしょうがない。これに"Apple Pie"入れちゃったら、レーベル補正が入るのもやむなしといったところか。

いやー、もうホントかわいかったー。各所では山田優似とかいう意見が多いが(かくいう私も今回会う前はそんなイメージ)、実際はもっとほんわかした印象で、臼田あさ美の方が近いかもと思った。会場に早くついたので、本番前の、人が全然集まってないリハの時からずっと見てたんだが、ほんと、いつもニコニコニコニコしててね。家族や友達やスタッフや、まわりの人みんなに愛されてるんだろなってのが伝わってくる人柄。こっちまで幸せな気分になるね。天真爛漫なコズエ姫に元気もらった。ありがとうございました。

Simply Goodの感想をまだ書いてないな。長くなりそうなので次回。

| Live | comments(0) | posted by tippee |
【 スポンサーサイト 】
| - | - | posted by スポンサードリンク |
comment




selected entries
categories
archives
recent comments
recommend
recommend
recommend
recommend
Sí
 (JUGEMレビュー »)
Julieta Venegas
bookmarks
profile