Put it on the Floor

【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
【 New Entries: July 1994 】
 <30 July 1994>
   
#23 Tony! Toni! Tone! / "Slow Wine" <Hot Shot Debut>
#69 Billy Lawrence / "Happiness"
#77 Rayvon / "No Guns, No Murder"
#79 Terror Fabulous Feat. Nadine Sutherland / "Aktion"
#87 Hi-Five & Nuttin Nice / "What Can I Say To You (To Justify My Love)"
#88 Ashanti / "Something's Wrong (Bump N' Grind)"
#93 Tanya Blount / "Through The Rain"
#96 Gerald Albright / "This Is For The Love In You"
#98 Ladae / "Deep Down"

Top10

続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(2) | posted by tippee |
【 New Entries: August 1997 (3) 】
 <30 August 1997>
   
#13 Total / "What About Us" <Hot Shot Debut>
#19 Somethin For The People Feat. Trina & Tamara / "My Love Is The Shhh!"
#22 Myron / "We Can Get Down"
#32 Mack 10 / "Backyard Boogie"
#34 Allure Feat. 112 / "All Cried Out"
#35 Milestone / "I Care Bout You"
#40 Dana / "As We Lay"
#49 Jon B / "Don't Say"
#50 AZ Feat. SWV / "Hey AZ"
#75 Shaggy Feat. Marsha / "Piece Of My Heart"
#83 DJ Kool / "I Got Dat Feelin"

クリスマスっぽい記事(「クリスマスに恋人と聴きたいオススメ曲〜♪」的な)を書きたかったが、まったくもって何も思いつかないので通常のを。しかも、12年前の8月の。

続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(0) | posted by tippee |
【 New Entries: August 1997 (2) 】
<16 August 1997>
   
#35 702 / "All I Want" <Hot Shot Debut>
#46 Frankie / "If I Had You"
#50 Michael Jackson / "Stranger In Moscow"
#52 Master P Feat. Young Bleed & C-Loc / "How Ya Do Dat"
#63 Jagged Edge Feat. Da Brat & J.D. / "The Way That You Talk"
#73 Keystone / "If It Ain't Love"
#80 Adriana Evans / "Love Is All Around"
#92 Young MC / "On & Poppin'"

4.0とは何とも言えないアーティスト名だが、4人組の男性R&Bグループ。95年、Money Trainサントラの"Oh Baby"が話題になっていたが、この年にアルバムが発表された(唯一のアルバム)。Jam & Lewis、Tony Rich、Trackmastersなどの手だれがプロデュース参加しており、4人のコーラスワークも絶妙(追記。上のYouTubeリンクが早くも削除されていた・・)。このジャケの体勢もなんだかシュールでよろしい。

Adriana Evansの曲は大好き。これほど気持ちいいグルーヴがありますか。

KeystoneはサントラSprungから。特に高音域がスバラしい歌声のシンガーながら、本人名義のフルアルバムはお蔵になったそう (で、例によってオークションで高値取引)。
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(2) | posted by tippee |
【 New Entries: August 1997 (1) 】
 <2 August 1997>
   
#2   The Notorious B.I.G. Feat. Puff Daddy & Mase / 
       "Mo Money Mo Problems" <Hot Shot Debut>
#19 Dru Hill / "Never Make A Promise"
#25 BLACKstreet with special guest Ol' Dirty Bastard & Slash / "Fix"
#27 Rome / "Do You Like This"
#31 SWV / "Can We"
#53 Billy Porter / "Show Me"
#57 Rahsaan Patterson / "Where You Are"
#70 98 Degrees / "Invisible Man"
#76 KRS-One / "A Friend"
#87 Teddy Pendergrass / "Give It To Me"
#91 Ms. Lydia Feat. Surface / "Closer Than Friends"
#95 Quad City DJ's / "Summer Jam"   
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(0) | posted by tippee |
【 New Entries: July 1997 (2) 】
<19 July 1997>
   
#9   En Vogue / "Whatever" <Hot Shot Debut>
#13 Patti LaBelle / "When You Talk About Love"
#16 R.Kelly / "Gotham City"
#20 Rampage Feat. Billy Lawrence / "Take It To The Streets"
#34 Magoo & Timbaland / "Up Jumps Da Boogie"
#83 O.C. Feat. Yvette Michele / "Far From Yours

アタリ週。基本的に全部好きな曲だが、Flipmode SquadのRampageが特にヤバし。Billy Lawrence=90s R&Bみたいな部分が少なからずあるよ、私の中では。O.C.とイベットのもヤバいね。夏はマジこれ聴くしかねぇ!みたいな!ProdはBuckwild。あまりにヤバ過ぎて私のボキャブラリーの欠落具合もヤバい。このころのHip Hop Soulは基本的に文句なし。「ヤバい」しか言わないレビューってのも、まあ、ありだと思うねや。


90s中頃のアーバンシーンをユニークすぎるサウンドで震撼させたティンボが自身と同じくSwing MobのMagooと組んでラップデュオとしてデビュー。これが1stシングル。ファミリーであるミッシーとアリーヤが援護射撃してラップチャートで1位になりました。
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(0) | posted by tippee |
【 New Entries: July 1997 (1) 】
 <5 July 1997>
   
#18 Lil' Kim Feat. Da Brat, Left Eye, Missy Elliott & Angie Martinez /
       "Not Tonight" <Hot Shot Debut>
#46 Ray J / "Everything You Want"
#62 Ivory / "Relax & Party"
#71 Coolio Feat, 40 Thevz / "C U When U Get There"
#76 Peggy Scott-Adams / "Help Yourself"
#94 Beenie Man Feat. Chevelle Franklyn / "Dancehall Queen"
#95 Voices Of Theory Feat. Mona Lisa & Kurupt / "Somehow" 

12月にリリースされる安室奈美恵の新作に収録の1曲目の"FAST CAR"に参加しているのはスウェーデンのプロデュースチームDsign Music ー 少女時代の大ヒット曲"Tell Me Your Wish (Genie)"にも参加していた連中である。さすがというか、一聴したところなかなか良さげでアルバムにも期待できるが、今回は使い回しじゃないことを祈る(いくつか前科があり、実は少女時代の曲もウズベキスタンのシンガーが数ヶ月前に出した曲とほぼ同じであった。聴き比べ推奨)。

Ladieeeeeees Niiiiiightt!男顔負けの女性MC軍の応酬"Not Tonight"はNothing To Loseサントラ収録の強力リミックス(まったく違う原曲はHard Coreに収録)。MVにもゾロゾロと女性アーティスト(MJB, SWB Changing Faces, Latifah, Xscapeなどなど)カメオって話題になりましたな。続いてIvoryの"Relax & Party"、制作はFunkmaster Flexだっけ。いつ聴いてもイカすわ。Cru入りのリミックスは尚良し。


   

カノン丸使いの"C U When U Get There"はやっぱベタだけども思い出深い。今聴いてもちょっと目頭にくるなあ。"Dancehall Queen"のChevelleはShaniceとかのラガカヴァーで90sレゲエシーンを駆け抜けた人気女性ディージェイだけども、もうダンスホールから足を洗って、ゴスペル・レゲエなるジャンルで活躍している模様。聴いてみたい。

昨年惜しくも亡くなったMC Breed直系のDFC(片割れのAl Breedはイトコ)のシングルは"Summer Madness"似(てか使ってる?)のメロウ&ファンキーなウェッサイ・シット。これ収録の2nd作にはMC Eihtも参加。やはり西は良い。
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(0) | posted by tippee |
【 New Entries: June 1997 (2) 】
<21 June 1997>
   
#4  Bone Thugs-N-Harmony / "Look Into My Eyes" <Hot Shot Debut>
#44 The O'Jays / "What's Stopping You"
#56 Deborah Cox / "Things Just Ain't The Same"
#63 Laurena / "Can't Let Go"
#64 Tha Alkaholiks Feat. Ol' Dirty Bastard / "Hip Hop Drunkies"
#72 Tonya / "I've Been Having An Affair"
#80 Jungle Brothers / "Brain"

Deborah Coxってもう既に懐かしい存在だが(堅調に最近も活動している)、この曲はアレだね、"You Are Everything"モロ使いでヒットしたやつね。これもMoney Talksだっけか。お氷の溶ける音をサンプルしたAlkaholiksとODBの曲はクラシックだし、個人的にも大好きや。超カッコ良し。

   

LaurenaとTonya。ファーストネームだけの女性アーティストってB級の確率が高くて気になる存在なのだが、残念ながらMVも試聴サイトも見つからず。前者はUKのソウル/R&Bシンガー?Omarとか、あとRaphael Saadiqなんかもアルバムに参加。なんか聴いたことある気がするんだけど思い出せん。後者は米アマゾンで30秒試聴が可能で、なかなか良さげだっただけに輪をかけて残念。、
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(6) | posted by tippee |
【 New Entries: June 1997 (1) 】
 <7 June 1997>
   
#23 K-Ci & JoJo / "You Bring Me Up" <Hot Shot Debut>
#29 New Edition / "One More Day"
#33 Zhane / "Crush"
#63 Goodfellaz / "If You Walk Away"
#82 Damage / "Love 鵺 Love"

おわび。
今日いつものように、このブログを開いたらば、韓国女子アイドルのCDレビューがトップにドドンと居座っていて目を疑った。一体どういうことだ。誰がこんなもん書いたのかと。実は以前から時々こういうことがあって、おかしいと思っていたのだが、おそらく、これらは私のなかに潜むサーシャ・フィアース(いわゆるひとつのオルターエゴ)の仕業である。身に覚えがないのもむべなるかな。最近、風呂で頭洗い終わった直後に速攻で忘れて、また頭洗い始めてしまうのもサーシャの仕業だろう。今後またこういうこと(アイドル記事投稿)がないとも言い切れないが、それもオルターエゴの仕業なので、ご理解頂きたい。

この週は特に説明の必要がない比較的無難な面々が揃った。ブラックチャートは意外とこういうフツウの週が少ない。New EditionのHome Againからのラストシングルはジャム&ルイス制作で、リッキーとラルフがリードを執っている。この次のシングルとなると2004年の"Hot 2Nite"まで出ていない。Mark Morrisonに次いでUKアーバンから現れた刺客(ボーイズバンド)、Damageはやや異色か。

Robynは・・別にいいか。スウェディッシュ・ダンスアクトにしてはHip Hopへの造詣が深いという意味でやっぱり異色。

続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(2) | posted by tippee |
【 New Entries: May 1997 (2) 】
 <17 May 1997>
   
#20 Brownstone / "5 Miles To Empty" <Hot Shot Debut>
#52 Danny Boy / "It's Over Now"
#93 MC Luscious Feat. Kinsui / "Da' Dip"

BrownstoneのはBig Yam & Victor Merittプロデュースの超名曲。Danny Boyは悪名高いDeath Row発のシンガーとしてかなり有名。というわけでラップ曲への客演が多いわけだが、自身名義の作品としてはこの曲と"Slip N Slide"くらいで、アルバムに至ってはお蔵入りとなった模様(例によってアドヴァンスが存在し、超レア盤として取引されている)。この曲はBabyfaceらしい超絶美メロ。未だに活動はしてるらしい。Zakiyaはもう一つの小ヒット"Love Like Mine"("Got To Be Real"使いの超ポップ)の方で有名だが、こちらもなかなか良曲。最後のやつは未聴だがどう見てもベース物です本当にありがとうございました。多分、というか十中八九Freak Nastyのカヴァーだろうが。MC Lusicousは"Boom! I Got Your Girlfriend"がヒットした女性ベースMC。

<24 May 1997>
#69 Jade Feat. Lil' Rachett & Vaz / "Keep On Risin'" <Hot Shot Debut>
#81 The Beatnuts / "Do You Believe?"
#91 Boogiemonsters / "The Beginning Of The End"
#93 Nu Flavor Feat. Roger / "Sweet Sexy Thing" 

前回登場のLaKiesha Berriと同じく、The 6th ManサントラからカットされたJadeの曲は知る人ぞ知る西海岸ラッパー、Lil' Rachettが客演。対してNYからはラテンパワーのビートナッツ、オーソドックスなHip Hopを演るブギモンスターズが登場。ともに日本人リスナーからの人気も高く、業の深いデュオ。デュオと言っても、前者は1st時には4人だったが、Myers兄弟が牧師になったりして辞めている。最後はロングビーチ発の4人組R&B男子。Rogerとのメロメロ共演曲だが、試聴サイト見つからず。


続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(0) | posted by tippee |
【 New Entries: May 1997 (1) 】
<3 May 1997>
   
#16 Joe / "Don't Wanna Be A Player" <Hot Shot Debut>
#19 Changing Faces / "G.H.E.T.T.O.U.T."
#39 Sound of Blackness Feat. Craig Mack / "Spirit"
#47 Jay-Z / "Feelin' It"
#55 Robin S. / "It Must Be Love"
#65 Mobb Deep / "G.O.D. Pt鶚"
#77 Ericka Yancey / "So Good"
#91 Cru Feat. Slick Rick / "Just Another Case"
#94 Nuyorican Soul Feat. India / "Runaway"

"Sukiyaki"のカヴァーヒットで有名なバルティモアの男性グループ4P.M.は一応現在も(おもに日本をターゲットに)活動を続けているようだが、今のところこれが最後のチャートヒット。フツウに良い曲だ。Erycka Yanceyもシンガーとしては長らくご無沙汰だが、数年前まで作家としてベッカム夫人とかに曲書いたりしてたらしい。たった1枚だけ残されたアルバムは結構な良盤なので中古屋等で見かけたら是非。Robin S.は"Show Me Love"のヒットでお馴染みだが、未だに"Show Me Love"のリミックスとかを新たにレコーディングしてオランダなどでヒットさせている模様(オランダで最も成功した楽曲だそう)。

   
Def Jamから出たCruの曲はいわゆる”通好み”には定番というか、97年という時代に出された音にしてはちょいと遅れてるというか、90年代初頭の良い時代の音を守ってる良心的な楽曲だった。ハウスの大御所Masters At WorkのNuyorican Soulプロジェクトはこんなとこで説明するまでもないな。Lolleatta Holloway&Salsoul Orchestraのクラシックをサルサの女王La Indiaを迎えてカヴァーした逸品。こんなスペースで紹介するのが申し訳ない名盤(豪華ゲスト勢揃い)。bmrも97年ベストに選んでたような。
続きを読む >>
| R&B Chart New Entries | comments(2) | posted by tippee |
selected entries
categories
archives
recent comments
recommend
recommend
recommend
recommend
Sí
 (JUGEMレビュー »)
Julieta Venegas
bookmarks
profile